インプラント手術方法(1回法・2回法)

インプラントの手術方法は、大きく分けて1回法と2回法があります。これは、歯肉を開く手術を1回するのか、2回するのかの違いです。

インプラントを埋め込む際に、インプラントと人工歯を連結する部分の「アバットメント」を同時に取り付けるのが1回法で、2次手術で取り付けるものが2回法です。お口の中の状態により、適した治療法を選択することになります。

1回法

手術の際、インプラントを埋め込んだ後にアバットメントの装着まで行ないます。歯肉を閉じた後、アバットメントの一部が露出した状態になります。

このままインプラントと骨が結合するための治癒期間を経て、人工歯を取り付けます。アバットメントが歯肉の外に出た状態であるため、再度歯肉を切開する手術が必要ないのです。

1回法

メリット
2回法と比べ、手術が1度だけで済み治療期間も短いため、患者さまへの負担が軽くなります。
デメリット
インプラントを埋め込む顎の骨の量と質が十分である必要があります。 治癒期間に歯茎から一部出ている状態なため、細菌感染する可能性や力がかかることで骨との結合に悪い影響を与えることがあります。

2回法

インプラントを埋め込むまでは1回法と同じです。埋め込んだ後、インプラントは歯茎で覆われ完全に見えない状態で縫合されます。この状態で治癒期間を置き、しっかりと結合するのを待ちます。インプラントと骨が結合したら、2次手術を行ないます。

2次手術では、再度歯肉を切開しインプラントにアバットメントを連結させます。この後、人工歯を作製してアバットメントに取り付け、歯肉が治りましたら人工歯を付けインプラントの治療は完了です。

2回法

メリット
ほとんどの患者さまに適応できる治療法です。 治癒期間に歯肉が閉じられているため、細菌などに感染する可能性が低くなり骨との結合がしっかりとされます。
デメリット
2度の手術が必要なため、患者さまへの負担が大きくなります。

インプラント治療の“無料”「相談会」「カウンセリング」実施中。当院では相談会・カウンセリング時の「CT検査」も無料です。

ライオンインプラントではインプラント治療をお考えの方向けに、安心して治療を受けて頂くため、相談会およびカウンセリングを行っています。
お気軽にお申し込みください。

インプラント治療の無料相談会、カウンセリングのお申込みはこちら

ファイナルレストレーション装着後の口腔周囲筋ケア

光機能化インプラント

インプラントネット 患者様の声

<町田><海老名>医院情報

医院情報<町田>

東京都町田市森野1-1-21

マップ

»大きい地図を見る

<町田>042-720-8811

受付時間はこちら

医院情報<海老名>

神奈川県海老名市勝瀬140-3

マップ

»大きい地図を見る

<海老名>046-232-8811

受付時間はこちら

メールフォームによるお問合わせはこちら


アクセスの利便性も良いため、海老名、町田以外にも、神奈川,東京,世田谷からの患者様にもご来院いただいております。

インプラントをお考えなら、当院に是非一度ご相談ください。